2021年11月24日(水)-11月27日(土)
「パブリックアートってなに?」展 vol.2を開催します

テーマ ︓ アートの役割、社会への相互浸透に向けて

昨年からのコロナ禍の下、あらためてアートが私たちの⽇常に果たす役割が再考されています。
昨年 3 ⽉、パンデミックの嵐が吹き荒れる欧州において “芸術⽂化は我々⼈類の⽣命維持のために必要不可⽋なもの” と演説したドイツ⽂化相の⾔葉は、世界中のアーティストに勇気と希望を与えてくれました。
振り返って⽇本は・・・とみると、⽇本においても確かにここ近年、地域コミュニティを再⽣する⼤きな鍵としてアートが注⽬されてきた経緯はあります。しかし、まだまだ⼀般の認知度は低く、まちに設置されたパブリックアートも 100%上⼿に活⽤されているとはいえません。
どのようにすれば、社会とアートが相互浸透するようになるのでしょうか︖
そこでこの秋、⼀昨年の 2019 年 5 ⽉に開催した展覧会&シンポジウム「パブリックアートってなに︖〜パブリックアートと地域デザインと」に続き、第 2 弾として” アートと社会” をキーワードとしたシンポジウム〜専⾨家によるクロストークと関連イベント〜を開催いたします。
ポストコロナの社会を⾒据え、これからの社会におけるアートの役割について、皆さんと⼀緒に考えてみたいと思います。

● ⽇ 程︓ 2021 年 11 ⽉ 24 ⽇(⽔)〜 27 ⽇(⼟)

● プログラム︓

 〇クロストーク&ディスカッション/ 

  11/24( ⽔ )・11/25( ⽊ )・11/26( ⾦ )・11/27( ⼟ ) 各⽇ 18:00 〜 20:00

 〇アート便り  / 11/27(土)13:00 ~ <NY.ブルックリンより中継>

 〇パフォーマンス/ 11/27( ⼟) 14:00 〜 14:30

 〇ミニセミナー / 11/27( ⼟) 15:00 〜 16:30

 *詳細は以下のチラシをご覧ください。

 *各プログラム参加申し込み方法

 メールにて、以下項目[氏名、ご住所、所属、連絡先(TEL& e-mail)、参加希望プログラム番号、参加人数]
 をご記入の上、 artgallery.legion@gmail.com 迄てお送りください。