特集!バイアグラの秘密

バイアグラはED(勃起不全)治療薬としてはとても有名です。年齢の衰え、ストレス、病的なことでEDになった方はバイアグラを使って改善してみましょう。こちらではバイアグラの謎の効果をお伝えしていきます。

糖尿病とバイアグラ・治療薬で治るED

糖尿病の人はED(勃起障害)にもなりやすいです。糖尿病患者の80%がEDを併発していると言われています。
なぜこの2つの病気が関係してくるかというと、以下の3つの原因が考えられます。
1つ目は神経障害です。
勃起は脳で感じた性的な刺激がペニスに伝わる事によって起こります。しかし、糖尿病になるとその神経回路が遮断されてしまう事があるので、障害が起こる事があります。
2つ目は、海綿体の機能不全です。
勃起には平滑筋(心臓以外の内臓にある筋肉)の弛緩も必要ですが、糖尿病になると海綿体の動脈の内皮細胞の「内皮型一酸化窒素合成酵素(eNOS)」の活性化低下してしまうので、弛緩しづらくなって障害が起こります。
3つ目は、糖尿病性の動脈硬化によるものです。
特に問題になるので、内腸骨動脈~陰茎動脈にかけての動脈硬化です。ここに動脈硬化が起こると、勃起の機能が著しく低下します。ペニスの毛細血管は体の中でも特に細いため、動脈硬化で血流が悪くなると、真っ先に被害を受けます。
逆に考えれば、EDが起きてきたら動脈硬化が進んでいる可能性があるという事です。
糖尿病性のEDに対しては、バイアグラなどの治療薬で治る事が多いです。まずヘモグロビンの値をチェックして薬が使えるかどうかを確認して、バイアグラを使うかどうかを決めていきます。もし使えない場合には、ペニスに直接打つ注射などを使う方法もあります。
EDは一生治らないと思っているかもしれませんが、バイアグラなどを使えば自信を回復して治る事もあります。完全に治るまでには時間と費用がかかるかもしれませんが、諦めない事が大切です。
EDの治療を受ける時には、必ず合併症の事も医師に伝えておきましょう。